MENU

肌荒れとストレスとの関係性とは?

肌荒れの原因には、ストレスが関係していると言った事を耳にした事はありませんか?
けれど、肌荒れとストレスには一体どんな関係性があるのか、疑問に思った事がある方もいらっしゃるでしょう。

 

それでは、どうしてストレスが肌荒れの原因となってしまうのでしょうか。
まず、人間は脳に強いストレスを感じると、血管が収縮して血液の循環が悪くなり、結果としてホルモンバランスを崩したり、免疫力が低下したりする事が判っています。

 

こうなると、正常な状態の時のようにスムーズに新陳代謝が行われなくなり、肌のターンオーバーの周期も乱れてしまいます。

 

皮脂が過剰に分泌されたり、メラニン色素が増加したりして、シミやくすみの原因となってしまうのです。

 

また、ストレスを感じる事によって、無意識のうちに暴飲暴食に走ったり、反対に拒食症になってしまったりする事もあります。

 

ストレスの為にお酒を飲み過ぎたり、睡眠不足になったりする事もあるでしょう。
このような生活習慣の乱れは、全て肌に悪影響を及ぼしている事は確かですね。

 

もうひとつ言われている事は、ストレスにより時間と心に余裕が無くなってしまう為です。

 

丁寧な洗顔が出来なかったり、メイクをしたまま寝てしまったりといった生活を続けていくと、肌荒れするのも当然の事ですね。

 

このように、肌荒れとストレスには深い関係があるのですが、生活をしていく上で全くストレスを感じないと言う事は無理な話です。肌荒れの原因が判ったら、意識的に改善するように努める事を心掛けましょう。