MENU

肌荒れの原因とは?

肌荒れの原因になるものを下に挙げてみました。

 

・睡眠不足
実際に、睡眠と肌荒れには密接な関係があると言われています。肌の再生は夜の睡眠時、22時から2時の間に起こると言われており、睡眠不足は肌の再生を妨げてしまうことになります。

 

・食生活の乱れ
健康を保つためには大切な食生活ですが、肌荒れを防ぐ意味でも重要です。胃に負担を掛けないように、3食規則正しく食事を摂るようにします。栄養のバランスが崩れると、肌荒れの原因になります。それに、ビタミンやミネラル不足は肌の状態を悪くしてしまいます。

 

・ストレス
ストレスを抱えてしまうと、体内でホルモンや神経によって、免疫力が低下します。免疫力が低下すると、外からの刺激に敏感になってしまいますし、回復にも時間がかかってしまいます。

 

・化粧品
特に洗顔料やメイク落としなど、誤った使い方をすると、肌荒れを起こしてしまうでしょう。また、肌に合わない化粧品を使用することでも肌は荒れます。

 

・便秘
便秘になると、体内で発生した毒素を外に排出することができません。そのため、血液を巡って、全身に行くことになり、肌に悪影響を与えてしまいます。

 

・乾燥
冬の時期やクーラーのきいた部屋にいると、肌が乾燥しやすくなります。乾燥は肌の水分を奪ってしまいますから、肌荒れの原因になるのです。

 

・ホルモンバランスの変化
女性は生理などの影響で、ホルモンの変化が起きやすいです。ホルモンのバランスが崩れると、様々な症状を起こしやすいですし、肌荒れの原因にもなります。