MENU

妊娠すると肌が荒れる?

妊娠すると肌が荒れるとよく聞きます。
今までずっと使っていた化粧品に過敏に反応するようになったり、とにかく妊娠すると、体に様々な変化が現れます。特に妊娠初期に、肌荒れの症状を訴える人が多いようです。

 

一番には、妊娠による女性ホルモンの急激な変化が挙げられます。
それによって、悪阻などの症状が出てくると、バランスの良い食事を食べられなくなってしまいます。

 

食生活も乱れてしまいがちになりますから、肌が荒れても何ら不思議はありませんよね。
それに、ホルモンの変化による便秘も起きやすくなります。

 

そして、妊娠すると、様々な面でストレスも溜まってしまいます。
悪阻が治まっても、お腹はどんどん大きくなりますし、外出する時も気を使うようになるでしょう。

 

また、お腹が大きくなると、自然と頻尿になります。
トイレに行く回数も増えて、胎動も激しくなってくると、夜はゆっくり寝ていられませんから、睡眠不足になりやすくなってしまうものです。

 

このように、妊娠すると、肌荒れを引き起こす原因がてんこ盛りなのです。
体調も崩しやすくなりますので、この時期にスキンケア商品をいきなり変えることは止めた方が無難です。

 

肌荒れがひどくなってしまったら、病院で相談する方が良いでしょう。

 

ただ、妊娠による女性ホルモンの影響で、逆に肌がツヤツヤになったという話もあります。
肌荒れを引き起こす要因は多くあるものの、必ずしも肌荒れを起こすという訳でもなさそうです。